ポタージュを垂れ流す。

マイペースこうしん

5泊6日 夏の北海道旅行

9/2-9/7で北海道に旅行に行ってきました。

9/2-9/4までは1人で、9/5-9/7は学科の友人と行きました。

避暑ができるのと安い乗り放題切符出てるし行くなら今しかなかったよね!

※コロナ対策として、ちゃんと毎日みんなマスクをして行動していました。

前半(9/2-9/4)

1日目(9/2 札幌 定山渓温泉

なぜかよくわからないが徹夜で朝を迎えた。おかげで1日体調が微妙だった。定山渓温泉に行ってみたかったので適当に調べてよさそうな今日泊まるところを予約。家を出る。バス停まで歩いてる途中で「あれ?家の鍵閉めてなくね?」となって、実際閉めてなかった。あぶない。バスの時間調べてなかったと思って歩きながら調べてたら一番安いルートでいくと飛行機に間に合わないことが判明。しょうがないので別のルートでいく(本当は関西空港アクセスきっぷとかいう四条河原町から関西空港まで1250円でいける切符を使いたかった)。関空の駅に到着したのが飛行機出発の35分前だった。駅すぐのところが第一ターミナルでLCCの発着する第二ターミナルまで連絡バスに乗らないといけないことを完全に忘れていたのでなかなかギリギリな時間でチェックインをした。多分次の電車までならギリギリ間に合うけど最適な行動取り続けないと間に合わかったと思う。

飛行機に乗る。久しぶりに窓側の席になった。天気もよく景色がよく見えた。

新千歳空港につく。13時前に飛行機が着いたのでとりあえず昼飯を食べようということで新千歳空港ラーメン道場に入って前食べたことがないところに適当に入る。

f:id:potaxyz:20200912141732j:plain
味噌ラーメン(白樺山荘)

普通に美味しかったが辛味噌にすればよかったなーという味がした。

明日からのためにHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスを買っておく。当日は使えないものね。

快速エアポートに乗って札幌駅へ。

特に予定もないし、観光する気もあまりなかったので、旅行に別のリュック欲しいな〜とか思いながら札幌駅前の東急ハンズとかで時間を潰す。

そろそろいくかーと朝に予約をとった宿に向けてバスに乗る。バスで寝るなどしてゆられること約90分で定山渓温泉に到着した。バスのアナウンスで定山渓温泉にようこそ〜なんて出迎えられたりした。ちょっと歩いて目的地に到着。

f:id:potaxyz:20200912142344j:plain
本日のお宿(旅籠屋 定山渓商店)

めっちゃよくない?てか実際よかった。客層は20代〜30代あたりを想定してるらしい。

チェックインするとコインがもらえて、よろしければ後ろのガチャガチャを回してくださいと言われた(もしかしたらアメニティ持ち込み推奨みたいな宿なので何も借りなかったらそういうサービスがあるみたいなやつかもしれない)。ガチャガチャ回すと次回の日帰り入浴無料券がもらえた。

ラウンジみたいなとこには将棋盤とかオセロとかそういうのが置いてあって(というか組み込んである)、複数人で来たら友達と遊べる感じになっていた。

部屋に入る。(部屋といってもカプセルホテルタイプの部屋にしたので部屋というほどではないが。ただし、カプセルホテルタイプの部屋にしては広め。)部屋でちょっとゆっくりして夜ご飯に行く。

夜ご飯は焼肉。

f:id:potaxyz:20200912143124j:plain
やきにく

宿の中に肉屋と酒屋が入ってるみたいな感じで、けっこう気合が入ってる部分だと思う。写真を見ればわかるけど、紙にどの肉はどれくらい焼いて、どのタレにつけてくださいとか指示が書いてあって、あっちが思う最もいい状態で肉が食べられる。お酒は僕はあまり飲まないので一杯だけだったけど、恐らく好きなだけおかわりできるんだと思う。おいしかった〜

部屋に戻るとさすがに徹夜してただけあってもう限界や〜となった。気づいたら日付またいでた。部屋にウェルカムティーチケットとかいうのが置いてあって、それは宿についてる酒屋のカウンターに持っていくと紅茶orコーヒーor酒とデザートがもらえる、とかいうやつだったんだけど、使えるのが23時までで使う機会を逃した。

とりあえず温泉に入ろうということで深夜1時の温泉に入るが、当然誰もいないので泳ぎ放題でした。

1時間くらいゆっくり入った。部屋に戻り朝からの予定を考える。富良野か美瑛行ってみよう〜ということにして、旭川に宿取っといて就寝。

2日目(9/3 美瑛)

ちょっと朝早くないとバスも1時間に1本程度だし乗りたい電車に間に合わん!と思っていたのに二度寝をしてギリギリに起床。朝カレーを食す。

f:id:potaxyz:20200912144622j:plain
朝カレー

ごちそうさまでした。急いでチェックアウトをしてバス停へ向かう。バスに乗って札幌駅へ。

札幌駅から旭川駅に特急ライラックで向かう。ここで昼飯を買い忘れて昼飯抜きが決定する。乗り換えて美瑛駅へ。チャリ乗って街をまわるか青い池見るのに観光バス使うか迷ってたけど運動したくないな〜と思って観光バスに乗ることにした。駅前の観光案内所みたいなとこで申し込んで外に止まってたバスに乗りこむ。

観光バスで青い池と十勝岳望岳台と白ひげの滝とをめぐる。

まずは青い池へ。

青い池だけの写真も撮った。

f:id:potaxyz:20200912145412j:plain
青い池

無加工でコレなのやばい。めっちゃ青かった。観光客はそこそこいた。ワーって見てたら修学旅行の団体が来て池の前で集合写真撮ってた。

青くなる理由としてはガイドさんもちょっと言ってたけど 水酸化アルミニウム/コロイド溶液/レイリー散乱 あたりがキーワードらしいです。

次に十勝岳を見に行く。山だー

f:id:potaxyz:20200912150108j:plain
十勝岳望岳台

右奥の方に見えるのが十勝岳望岳台(よくみると、ってか字が潰れて見えないけど望岳台って書いてある石がある)。

さいごに白ひげの滝をみる。ブルーリバー橋という橋の上から下をみる。この滝が青い池の上流にあって、青くしてる元らしい。

f:id:potaxyz:20200912151017j:plain
白ひげの滝

2時間半くらい?のツアーだったけど満足でした。バスから降りる。

ツアー申し込んだときに美瑛町内で使える500円クーポンを使ってセイコーマートでその日の夜ご飯を調達。

美瑛町役場の横に四季の塔ってのがついてるので登ってみた。正直普通の風景だなーという感じ。雪降ってる時とかに行くともしかしたらいいかもしれない。

今回は美瑛駅から南東をみたので今度来た時は北西の方をまわってみたいと思う。

特にやることもなくなったので旭川に向かう。

f:id:potaxyz:20200912151555j:plain
夕方の美瑛駅

旭川駅のきれいな駅舎を出て左側にはイオンがある。正面には平和通買物公園がまっすぐ1km伸びている。横幅も広い。日本初の恒久的歩行者天国らしいです。

f:id:potaxyz:20200912151918j:plain
旭川駅

北海道くると街中でよくスキー場みたいな音楽流れてるよね。ここでも流れてた。

ホテルにチェックインしてセイコーマートのパスタを食べて、唐揚げとザンギの比較をしたりして就寝。

そういえば、昨日の宿でチェックインの時にもらった小型アルコール消毒スプレーをポケットに入れっぱなしにしていたのに気づいていなくて、明日返しに行きますので、なんて電話をしたりもしていた。お返事としては、返却いただかなくて結構です、旅行を楽しんできてくださいとのことだった。すみませんでした、そして、ありがとうございます。

3日目(9/4 網走)

風呂に入っていなかったので風呂に入る。ホテルでちょっとのんびりしすぎた。チェックアウトをして早歩きで旭川駅に向かう。前日に稚内に行くか網走に行くか迷ってたけど、天気予報をみていたら道東は晴れだけどそれ以外は雨予報とのことだったので、網走に行くことにした。

特急オホーツクで旭川駅から網走駅へ。大体片道4時間くらい。

市内の路線バスの時間とにらめっこして、網走監獄とオホーツク流氷館はいけるだろう、北方民族博物館も行けたらいこう、という感じでイメージする。

網走駅に12時17分に着いて、あばしり観光施設めぐりバス1dayパスを買う。買わない方がバス乗るだけなら安くなるけど、これ提示すると施設で割引が効くので合計で見ると安くつく。

というわけでバスで網走監獄へ。知らなかったけど網走監獄は博物館として色々展示してるところで、網走刑務所が少し離れた別の場所にある。普通に考えたらバリバリの観光施設で罪人おったらアレだしそりゃそうかという感じではある。

まあ実際には昔みたいな扱いはされないので「更生」されるんでしょう(?)

f:id:potaxyz:20200912154058j:plain
旧網走刑務所 二見ヶ岡刑務支所

ゆっくり回ってたらバスの時間ギリギリになった。バスの間隔が100分だったので、じっくり見るなら2時間はいるかもね。予定ではここで監獄飯なるものを食べる予定だったけど時間がなくなったのでこの日も昼飯抜きになりました。

次にオホーツク流氷館へ。地下1階にクリオネとかおさかなが少し。あとは-15℃の部屋でタオル回したり流氷さわったりの体験ができる。

f:id:potaxyz:20200912154614j:plain
クリオネチャン

屋上に行くとオホーツク海とか知床の方の山が見れたりする。天気よかったら気持ちよさそう。

f:id:potaxyz:20200912154817j:plain
オホーツク海と知床の山々

けっこうすぐ見終わったので北方民族博物館へ。ここから歩いて1kmくらい。

t.co

なかなか面白かった。地理好きで北方の民族の文化興味ある人とかにけっこうオススメできそう。毛皮で服作るのはまあよく見るけど魚とかアザラシの腸を使って服にしたものが展示してあったりとかした。風を通さないからソリに乗る時に使うとか書いてあった気がする。

北方民族博物館を出ると17時。バスで網走駅まで戻る。特急でまた旭川駅に戻るんだけど、乗り換え時間が短く、駅弁もいろいろあって買えなかった。網走駅17時25分発。滞在時間は5時間くらいだったけど内容は濃かった。

という感じで21時半頃に旭川駅に到着。行きの電車の中で適当に予約を取ったホテルに泊まる。GoToとかで1泊2000円。もらったカードキーをフロントに置いてあるポストみたいなとこに入れればそれでチェックアウトしたことになるとかいうシステムで楽だなと思った。

夜ご飯は昨日美瑛で買っておいた北海道限定カップ焼きそばの焼きそば弁当

ぼーっとテレビ見るなりアニメ見るなりルベーグ積分するなりしてたら夜中3時半とか4時近くになっててやべ、と思って就寝。

後半(9/5-9/7)

4日目(9/5 函館)

朝が早い。8時頃起床だった気がする。友人を新千歳空港まで迎えにいかないといけないので、旭川から札幌へ。札幌に着いて友達の1人と合流。前会ったのは2月で実に7ヶ月ぶりの再会。札幌駅ビルの上のほうにある回転寿司でめっちゃ食う。彼は韓国からの留学生で、韓国の寿司と日本の寿司はどう違うかとかそういう話をしたりしてた(あっちでは食べ放題が多いらしい、米が酢飯じゃない、やっぱり日本の方が美味い、等)。

寿司を食べるといい時間になったので新千歳空港に友人を迎えに行く。彼らとも7ヶ月ぶりの再会。先に買っておいた周遊パスを渡して函館へ向かう。

南千歳で乗り換えて札幌にいたまた別の友人とも合流。

函館まで4時間程度喋ったり寝たりした。

函館に着くなりホテルへ。クソ安いくせにめっちゃ広い部屋。

すでに夕方になっていたのでゆっくりしてからちょっとお散歩。海沿いをちょっと歩いてレンガ倉庫を見たりとか。

夜ご飯は海鮮丼。ホテルのチケットかなんか見せるとカニ汁がついてきた。

f:id:potaxyz:20200912161702j:plain
うにかにえび丼

この段階でけっこう眠くなってる。ホテルに戻ってベッドに入って一瞬夢を見るけど函館山いくぞーということだったので無理やり体を起こして函館山へ。半分寝ながら函館山麓まで歩く。

したから見てても雲がヤベーなーという感じだった。実際ロープウェーで登ると曇ってた、というか雲の中にいるという感じだった。また晴れている時に来たい。

f:id:potaxyz:20200912162055j:plain
函館山から 曇っていた

曇ってるだけじゃなくて、風もめっちゃ強かった。雲の中だからか湿気もヤバかった。山の上でみんなで変な写真撮ってた。髪の毛とかパーカーが湿ってたいへんなことになった。

ちなみに、ロープウェー乗ってる途中では雲に遮られることなくきれいに函館市内を望めた。

ホテルに戻って眠さが限界を迎えて、みんなが酒飲んで喋ってる中おやすみすることになった。かなしいね。

途中で起きたらみんな寝るところだったので、風呂に入って再就寝した。

5日目(9/6 函館 札幌)

よくねた。函館朝市へ。なんで市場じゃなくて朝市なんだって思ったけど昼2時くらいで閉まっちゃうからかな?

またうにを食べた。かなり高かったけど昨日食べたやつよりうまい気がした。でも昔に島根の日御碕灯台の近くで食べたうに丼の方が美味しかったような気がする。食べながら思ってたけど、うにじゃなくてサーモンとか別のもの食べればよかったかもしれない。

f:id:potaxyz:20200912163010j:plain
うに丼

五稜郭路面電車で向かう。

五稜郭タワーにのぼって五稜郭を見る。五稜郭だー

f:id:potaxyz:20200912163247j:plain
五稜郭

塔の中にけっこう詳しく説明が書いてあった。読んでても頭に全然入ってこなかったけど。留学生が言語によって情報量違うねって言ってて、日本語が一番ちゃんと書いてあるんじゃないの?って聞いたら英語のほうが詳しかったりするとか言ってた。なんでや。

ジェラートを食べて少し休憩したら、ここで運命の出会いをする。売店で函館ベア(?)を手に入れ、共に行動することになる(これはこの旅行に来れなかった友人の代わり)。

五稜郭の公園の中をちょっと歩いて、路面電車五稜郭公園駅に戻る。のだが、それの正面にあるミスタードーナツに入った。

なんで函館に来てまでミスド?と思うかもしれないが、実は函館市ミスドは一部の定番商品が60〜80円台で売られているのだ。

ということでみんなでなかよく3つずつ選ぶ。袋を1人1人で分けましょうか?ってお店の方が聞いてくれて、どれが誰が選んだかわかるものは紙袋で小分けにしてもらうことにしたけど、残りをどうするか友人に聞いたところ、箱がいい(理由は忘れたがそのほうがそれっぽいとかだっけ?子供か笑)とのことで箱でもらうことになった。

市電に乗って函館駅へ。けっこう時間がギリギリ。ロッカーに荷物を預けていた者たちはそれを取りに行って、その間に僕は駅弁を選んでいた。駅弁諦めてミスドでいいやってなってたやつもいた。

出発案内みたら5分後に経由は違えど札幌行きの別の特急があってアレ?って思ったけど臨時なんですね。機会があればいつか乗ってみたい。

ギリギリで特急北斗に乗り込んで再び札幌へ。車内では駅弁たべたりぬいぐるみで遊んでたりした。

f:id:potaxyz:20200912164811j:plain
鰊みがき弁当

札幌駅に着いて地下鉄に乗り換え、ホテルへ。

ちなみに、JRは札幌駅と漢字だが、地下鉄はさっぽろ駅とひらがなである。また、札幌の地下鉄は網棚がない(乗車区間が他の都市とかに比べて短いかららしい)。

のんびりして、ジンギスカンを食べにいこう〜とすすきの周辺を歩く。何故かキャッチにつかまる。ホイホイついていく友達がいるのでオイオイ〜とか思っていたが、キャッチがまともな店を紹介してそこまで連れて行ってくれた。心証は悪いが。

ということで札幌成吉思汗 雪だるま 五条店へ。

f:id:potaxyz:20200912165629j:plain
ジンギスカン

おいしくないはずがないんだよなあ。おなかいっぱいです。

ホテルに戻ってまたうだうだする。途中で中島公園にお散歩に行ったりもした。夜中3時とかまで喋って就寝。ぬいぐるみで遊んだりとか。

6日目(9/7 札幌)

朝9時頃に目が覚める。帰りの飛行機はみんなばらばらなので友人の1人とはここでお別れ。空港で花畑牧場のキャラメルは買えたかな?

ぬいぐるみで遊ぶ。

11時頃にホテルをチェックアウトして北大を見学しようということに。1人で冬にも行ったことはあったが夏に来たことはなかった。てか普通そんな大学入ろうとはしないだろ。雪に埋もれていない北大もいいねとなった。

f:id:potaxyz:20200912204738j:plain
北海道大学

f:id:potaxyz:20200912204855j:plain
北海道大学

立地もいいし自然も豊かで広いしこんなキャンパスで勉強してみたいよねー

お昼時だったので北大の食堂で昼ごはんを食べることに。京大だとコロナ対策で京大生とか職員とか以外はお断りみたいな貼り紙がしてあるけど、北大はそういうのはなかったかな。

北大の札幌キャンパスには北部、中央、工学部、農学部、医学部、クラーク食堂があって、冬に中央食堂に行った。そこは小さかった。今回行ったのは北部食堂で、調べたところ日本で一番席数の多い食堂らしい。確かに広かった。そしてコロナ対策としてはすべての机についたてがついてて、さらに横にもイスをおかないようになってて、ウォーターサーバー的なアレも使えなくなってて(正直どんだけやってどう効果があるかわからないが)、京大なんかより徹底してた。

f:id:potaxyz:20200912205851j:plain
北部食堂 ついたてで広さは伝わりにくいかも

メニューは普通だよね。

f:id:potaxyz:20200912205843j:plain
昼食

東大も北大も(多分東日本は全部そう、東海地区も?)ライスの大きさが小中大の3段階な一方、京大(含む関西地区は多分全部そう、北陸もそうかも?)はSS S M L LLの5段階。味噌汁は北大は豆腐があるが京大はない(東大は忘れた)。

北大を出て大通公園でゆっくりした。

時計台をちょっとみて、まだ時間はあるけどなんもやることないな〜となったので、とりあえず羊ヶ丘展望台でクラーク像でもみとくかとなり、そこへ向かう。大志を抱く(大志よりぬいぐるみ抱いてない?掴んでるだけだけど)。

羊見たりとか、ジャンケンしてなんか北海道ネタのTシャツ買ったりしてたら、いい感じの時間になったので新千歳空港に向かう。

新千歳空港に着いて、ちょっとのんびりお土産買って(キャリーケース持ってきてた友人にお土産入れてもらった)、アイス食べて

f:id:potaxyz:20200912211228j:plain
よつば牛乳

ラーメン道場でラーメン食べて

f:id:potaxyz:20200912211321j:plain
ラーメン(弟子屈ラーメン)

飛行機に乗った。さらば北の大地。また来るぜ!

飛行機欠航になるならメールであなたの乗る便欠航になるよとか送ってくれてもいいのにな。

関空に着いて終電で帰る。出町柳に到着したのは24時35分。バスもないのでトコトコ歩いて帰宅したのは25時過ぎ。お疲れ自分。明後日からは自動車学校です!(ということで車校からブログを書いています)

検証:鴨川等間隔の間隔は何m?

f:id:potaxyz:20200827102524j:plain
四条大橋からみた鴨川等間隔

鴨川にカップル(など)が等間隔に並ぶ様子は、京都を訪れる人ならきっと誰もが一度は見たことがあるだろう。そこでふと浮かぶ疑問は、実際等間隔なのか?その間隔はどれくらいなのか?といったものだろう。ということで今回は実際に、鴨川に並ぶ人たちの間隔を測ってみた。

ちなみに、「鴨川等間隔 論文」などでググってみると以下のような論文がヒットする。

http://www.team1mile.com/asarin/research/kamogawa_honda1995-1999.pdf

測定方法

対岸から目視で確認する、座ってる人たちにおことわりを入れてメジャーで距離をはかる、ドローンを飛ばして上空から写真を撮って距離をはかる、など色々方法は考えられるが、どれも現実的ではない。

そこで、今回は以下のようなiOSアプリを作成し、鴨川沿いの散策路を歩いて、座ってる人たちが横にいるときにiPadGPS機能を用いて自分の緯度経度を記録する、という方法で測定を行った。

これならiPadもって歩いてる人、くらいでめっちゃ変な目で見られることもないと思う。

アプリの右上が記録された座標、右下が記録された座標と1つ前の記録との差(単位はメートル)、左が地図となっていて、Recordのボタンを押すたびに緯度経度が記録されて、左の地図にピンが増えるという仕組み。往復したので、小さい番号が上に向かって増えていって、大きい番号が下に向かって増えていっている。

f:id:potaxyz:20200827111043p:plain
アプリ Recordを押すと緯度経度が記録される

測定箇所/時間

三条大橋付近から四条大橋付近の鴨川沿い 平日の18時頃

結果

数組をグループとしてみると大体等間隔になっていた。また、橋に近いほど密になっていた。

測ってみたデータの中でわかりやすかったものをピックアップして紹介しよう。

記録した緯度経度のデータを地図にプロットすると下のようになる。

f:id:potaxyz:20200827112400p:plain
測定のプロット

測定の直後に四条大橋から撮った写真と見比べてみよう。組の上に書いた数字は地図上に振った番号と対応している。

f:id:potaxyz:20200827111758p:plain
測定結果

上の写真を見れば大体わかると思うけど文章でも説明しておこう。

今回の測定では組1〜4は4m程度、4と5は10m空いて、5〜9は8m前後、10〜14は10m台前半、それ以降はもっと間隔が広くなるという感じだった(最大1m程度の誤差があると思われる)。

反省点その他

三条大橋あたりでも写真を撮っておくべきだった。参考までに三条大橋付近の測定データをプロットしたもの。4〜7は8m程度、9〜12あたりは6m前後の間隔、ほかは10m以上の間隔。

f:id:potaxyz:20200827113203p:plain
三条大橋付近のプロット

GPSが若干ズレるので、位置が確定するまでちょっと立ち止まるとかしないとダメだったね(これは測ってる途中で気づいた、結果で示した四条大橋付近のやつは立ち止まったりとかめっちゃゆっくり歩いてたりしたので結構正確だと思う)

四条大橋から写真撮ってたら怪しい人に話しかけられて気分最悪でした 怪しい人には気をつけよう

つぶやきのつぶやき4

課題しばいて寝てるだけで7月になってしまう

いままで遡ってたけど時間軸と同じ方向にかく

自らパーフェクトでないことを主張しています

積読はしているだけで脳に刺激を与えてくれるという研究結果もある

WWDCよかったですね
Mac OS Big Surめっちゃ楽しみです
あとiPadOSの手書きがいい感じになるのも

いつでもスタバ開店できるのが一人暮らしのいいところ

こんなんせんでも\bf{B}=\textrm{rot}\bf{A}ってベクトルポテンシャル表示して\textrm{rot}(\textrm{rot}\bf{A})=\textrm{grad}(\textrm{div}\bf{A})-\textrm{div}(\textrm{grad}\bf{A})にするのがかしこそう

このpdfです http://www.ims.tsukuba.ac.jp/~shugo_suzuki_lab/upload.pdf

豊橋カレーうどんおいしいよ
どんなのかというとカレーうどんの底にとろろの乗ったご飯が入っています
豊橋駅前とかいくとあります

夕方に食堂で飯食ってたら遭遇した

複素数ガウス積分知らん こうなるという事実は受け入れた
波動関数が例えばガウス関数なら積分できますとかそういう課題
位置とか運動量の期待値を求めろとかそういうのだから計算しなくても答えは見えますけど過程が...

ロイズ爆買い -7k 自分への誕生日プレゼントも兼ねてた 全部美味いし最高〜

焼肉最高〜 これの前に高校同期京大勢で卓球してたら愛知/大阪勢の高校同期入ってきて(普通に会うような面々じゃなかったので)ひっくり返った

つぶやきのつぶやき3

中だるみしています。

久しぶりに競プロした。Eまで速解き

Cで1WAしたけど感覚的にズレてるところを1引くと合います

場合の数を形式的冪級数の考えで解けるように慣れていきたい

www.amazon.co.jp

わるくない そのうち何か作って遊びたい

課題管理用ディスプレイにしてもいいかもね

-7k

届くのが楽しみです

誕生日おめでとう自分

今年の目標は強くなることです

おいしくて強くなりたい www.amazon.co.jp

本当にありがとうございます

私の下宿には普通の人の家にあるものがない上に買う気が起きないのでこうやって買っていただけると本当に助かるのです

洗濯機がないので誰か買ってください

コードゴルフ勢こわ

半分関係ないけどやってみたかったりちゃんとやったりしたい言語:c++ rust ruby swift kotlin julia perl(raku) bash awk dc matlab octave r

CTFerではない...

一瞬+/がなかったのでbase62かと思ったのですが末尾にイコールが入ってるのでbase64ですね

適当にぶち込んでデコードを繰り返すとこのように煽られます は?

私のコースのプログラミング演習の講義ではアルゴリズムも多少やるけど数値計算寄りで固有値求めるとかガウスの消去法とか微分方程式とかの数値計算をやらされます

そこで出てきた〈\xi(t)〉とかは統計物理とかそっち方面で平均の意味で使われる記号なので2回生でそっち系の物理の講義は普通取らないので謎の記号になってしまうよねと思った

www.konpeito.co.jp

うまい

ものによっては高いけど

ゆっくり食べてるのはミルクの金平糖です 2000円しないくらい?

1年待ちとかなってる究極の金平糖予約してるので来年が楽しみです

つぶやきのつぶやき2

日記みたいなのつけようとすると知らんうちにやめてしまうけど、こんな感じでツイートみて1週間を振り返る感じでやるのいい気がしてきた。けど課題しばくくらいしかしてないからあまり面白みはない。

場合の数の調べ方で多項式の次数を数える的なのをみてなるほど〜と思った。詳しくはmaspyさんのブログを見てみよう。

基底(e_1,\cdots,e_n)での座標x=\begin{pmatrix} x_1 \\ \vdots \\ x_n \end{pmatrix}と、基底(f_1,\cdots,f_n)での座標y=\begin{pmatrix} y_1 \\ \vdots \\ y_n \end{pmatrix}を考えると、(e_1,\cdots,e_n)から(f_1,\cdots,f_n)への基底の変換行列Pには \begin{equation} x=Py \end{equation} の関係があって一見逆じゃね?と思うんだけど、実際には \begin{equation} (f_1 \cdots f_n)=(e_1 \cdots e_n)P \end{equation} になってるからそうだな、ということ。ある同じベクトルu=(e_1 \cdots e_n)x=(f_1 \cdots f_n)yx=Pyを代入すればわかる。

うまい飯を食うという目標を立てたのでピザを頼んでみた。食べ切れなかった分は冷凍してまた今度。

ちゃんと開けて写真撮ったけど光の入り方がわるくてあまり美味しそうにならなかったので載せない。

非線形道力学という講義が内容もさることながら課題もけっこうな難易度で出されたりして俗称で非人道的力学とか呼ばれている。それの課題の話。ニューラルネットワークの1つのモデル、ホップフィールドネットワークには非同期更新と同期更新の2種類の更新の仕方があるっぽい?けど、この更新の仕方によって最終的に到達する状態が変わることがある。その例を示せ!という問題。ひらめいて嬉しかったです。(このネットワークはノイズありの画像からノイズを取り除いて元の画像を復元するとかそういうのに使われたりします)

量子物理学の講義動画のなかに出てきた。\mathcal{H}をHilbert空間、\mathcal{H}'=\left\{ F|F:\mathcal{H}\to\mathbb{C}  \right\} =\left\{ 〈\phi| | |\phi〉\in\mathcal{H} \right\}\mathcal{D}\subset\mathcal{H}として\mathcal{D}'=\left\{F|F:\mathcal{D}\to\mathbb{C}\right\}とすると\mathcal{D}\subset\mathcal{H}\simeq\mathcal{H}'\subset\mathcal{D}'の一番右、なんで?

某L社のイにノリで申し込んだけど、実装力がまるでなかったです。来年再挑戦?

力学系理論のお話。安定多様体と不安定多様体が一度交わると無限回交わろうとするみたいな話だった気がする。

先週までずっと実家にいて、京都の下宿に久しぶりに帰ったら部屋が臭かった(古い家にありがちな匂いだとは思うけど)ので適当にすがすがしいナチュラルガーデンの香りとか書いてあるファブリーズの置く消臭剤買ったら家の中の一部がトマトジュースの匂いになった。今もトマトジュースのにおいを嗅ぎながらパソコンに文字を打ち込んでいます。

\left\{a_n\right\}に対して\left\{n^2a_n\right\}が収束するならば\displaystyle\sum_{n=1}^\infty a_nは収束することを示せ。

これくらいの問題検索したら引っかかりそうだと思ったけどないんだね

\left\{n^2a_n\right\}が収束するので\displaystyle\lim_{n\to\infty}n^2a_n=\alphaとしておけば

\begin{equation} \forall\varepsilon>0,\exists N\in\mathbb{N},n\geq N\Rightarrow |n^2a_n-\alpha|\lt\varepsilon\quad (|a_n-\alpha/n^2|\lt\varepsilon/n^2) \end{equation}

\displaystyle\sum_{n=1}^\infty\frac{1}{n^2}は収束するので \begin{equation} \forall\varepsilon>0,\exists N\in\mathbb{N},m\gt n\geq N\Rightarrow \left|\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right|\lt\varepsilon \end{equation}

そこで、任意の\varepsilon>0に対して上に共通するNをとっておけばm\gt n\geq N

\begin{align} |a_n+\cdots+a_m| &\leq\left|a_n+\cdots+a_m-\alpha\left(\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right)\right|+\left|\alpha\left(\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right)\right|\\ &= \left|\left(a_n-\frac{\alpha}{n^2}\right)+\cdots+\left(a_m-\frac{\alpha}{m^2}\right)\right|+\left|\alpha\left(\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right)\right|\\ &\leq\left|a_n-\frac{\alpha}{n^2}\right|+\cdots+\left|a_m-\frac{\alpha}{m^2}\right|+\left|\alpha\left(\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right)\right|\\ &\lt\frac{\varepsilon}{n^2}+\cdots+\frac{\varepsilon}{m^2}+\alpha\varepsilon\\ &=\varepsilon\left(\frac{1}{n^2}+\cdots+\frac{1}{m^2}\right)+\alpha\varepsilon\\ &\lt\varepsilon(\varepsilon+\alpha) \end{align}

あらためて\varepsilon':=\varepsilon(\varepsilon+\alpha)とでもすれば

\begin{equation} \forall\varepsilon'\gt 0,\exists N\in\mathbb{N},m\gt n\geq N\Rightarrow\left|a_n+\cdots+a_m\right|\lt\varepsilon' \end{equation}

となって収束。

去年処方してもらった痒み止めの塗り薬があって、似た症状でたらいつでもそれ塗ればいいよ、って言われてるものがあるのですが、実家に帰るときに今痒くないし別にいらんやろ、と思って持っていかなかったら再発してしまって、下宿戻ってそれを即塗ったみたいなのがあった。そこでふと気になってステロイド剤について軽く調べた。ステロイド剤の強さには5段階(weak, mild, strong, very strong, strongest)あるらしくて、父親が皮膚が弱いこともあって実家にもステロイド塗り薬は置いてあるのだが、その強さはvery strongだった。で、僕の持ってるのはstrongestに分類されてるやつで、そりゃあ一瞬で治るわけだ、、、と思ったりした。

去年の小テストはしたから4割くらいみんな0点から30点/100点、みたいなので中央値40点もないんじゃない?みたいなのだったけど、今年はオンラインになってどうなるんだろう、と思ったらまさかの2択20問らしくてひっくり返りました。

つぶやきのつぶやき

twitterでつぶやいたことを掘り下げる。ブログも書いてなかったし、ずっと課題しばいてるだけだし。(内容もそんなのばっかりだけど)

http://cogsci.ucsd.edu/~sereno/107B/readings/02.02-AttractorCont.pdf

講義の課題で出たホップフィールドネットワークとよばれるニューラルネットワークのしくみ。リアプノフ関数というもの(エネルギーみたいなもの)を与える方法が天下り式でしかないっぽい?し思いつかなかったので自分で考えるのをやめた。

リアプノフ関数の定義調べると平衡点で0になるって書いてたりするのにそれ考えてないのがわりとよくある気がしたけど定数で調整できるから適当なのかな?

V\subset\mathbb{R}^ne_1,\cdots,e_n\in Vが基底になってるとするとe_1,\cdots,e_n\in \mathbb{R}^nになっているのでこれは\mathbb{R}^nの基底でもある。これらで生成される空間は同じものなので\mathbb{R}^n=V。みたいな?

最近食ってない。

www.amazon.co.jp

課題多くない?

内容:

慶應の医学部を受ける為にホテルに友達と2人で泊まってた ゆっくりしてたら急に友達入ってきてなんだと思ったら2つ隣の部屋に6人くらい知り合いが泊まっててそこでずっと遊んでた 過去問1回も見てねえって言ったらめちゃくちゃバカにされた 過去問みてないせいかめっちゃ不安になったんだけどそういえば自分京大生だったことを急に思い出して落ちても帰るとこあるし〜とかいってヘラヘラしはじめた 気づいたら朝になって会場に向かうんだけど会場がクソでかい古い倉庫みたいなので入り組んでる 会場に着いたあたりで受験票忘れたことに気づいて焦る 外国人の試験官に聞くんだけど英語で受けれねえよお前は笑みたいなことを言われる 次の人に聞いたら再発行できるよ、会場の地図もってる?って言われて紙出してあなたは今ここ(エリアC)、ここで再発行(いままで辿ってきた道順の最初の方、名古屋の地下街?)してここ(エリアF)にも行くのよって言われた 名古屋の地下街とエリアFはどっちに先に行ってもいいらしい。エリアFの方が近いし行こうかなと思ったんだけどアスレチックじみててめっちゃ行くの大変そうだったから名古屋の地下街に先に行くことにした 名古屋の地下街に戻って再発行のところ見つけたあたりで目が覚めた

は?

ベイズ推定の話。f(x|y)=\frac{f(y|x)f(x)}{f(y)}の分母(観測データ)はxに関与しないので定数とみて無視して分子の部分だけ考えれるって話。f(y)が実際に観測されたデータ、f(y|x)は尤度(事前分布のときにこんなかんじのデータになるっていう分布)、f(x)が事前分布(事前知識で主観的にこんなかんじになってるんちゃうという分布)、f(x|y)が事後分布(事前知識とデータ見た上でこうなってそうっていう分布)

インテグラル書いてあーだこーだやってるのが多い気がしたけど見易かったので。指示関数的な考え方使って期待値の単調性から上から抑えれる確率変数を作ったりする。

当日提出の課題に振り回される情報学科民たち。やけに問題難しくて友達と通話中にgoogleで検索かけまくってたら問題がアンダーソンブリッジ回路の改良版だと気づいて喜んだが直後にメールで問題設定の不備とかで不問になった。1日が無駄になってしまった。

解き方としてはキルヒホッフの電流の法則を使いまくる。ただし電流についての等式だけど電流以外の文字で表現する。計算がめんどい。

個人的には教授が僕たちを電電の学生だと思っていると疑っている(ビデオのアーカイブで物性とかこれからやると思いますが...みたいなことを言っていた為)

発散しないらしい。

数理の民に毎週課される数学の課題。3時間の演習を想定しているはずなのに3時間で終わらない量を出される。今週はしんどかった。ただなんか別のとこで見たことあるのが多くて見たことある〜ってなってた(去年の微積の小テストと同じや〜んな問題、ハミルトンの正準方程式、最小二乗法、極座標ラプラシアンなど)。対称行列\bf{A}とベクトル\bf{x}に対して\frac{d}{d\bf{x}}\bf{x}^\mathsf{T}A\bf{x}=2A\bf{x}という知見。